「スイーツ大好き!」な私が間食ならぬ甘食を減らせた方法とは

世の中の女子のダイエット方法

世の女子及び女性の大半はスイーツが好きだと思います。
実は私もその一人。人前で明言したことはありませんが、正直な話「三度の飯よりお菓子好き」。以前はほぼ毎日おやつを食べていて、たまに食べないと親しい同僚に「今日は休肝日ならぬ休甘日だね」と言われる始末。
痩せられない原因は明白でしたが、やめたくてもやめられず、自己嫌悪に陥っていました。
そんな私が甘食を減らす為に実践し、結果を出した方法をご紹介します。

用意するのは紙と筆記用具、もしくは記録ができるソフトやアプリ。すぐ書けるという点でアナログの方が便利かも知れません。
紙は何でもOK。私はコピー用紙を折って手帳に挟んでおきました。
記録するのは
・食べた日付
・食べたお菓子の名前
・その値段
・そのカロリー
です。1個が1行に収まるように書くのがポイント。
この時点では食生活を改める必要はありません。食べる回数や量を減らしたり、ローカロリーやゼロカロリーのものに替えたりせず、いつもの実態をただ書き留めるのです。
家計簿をつける訳でも医学的に正確なデータが必要な訳でもないので、値段とカロリーは多少違っていてもかまいません。よく買うお菓子は、一番多く購入するお店の値段とカロリーをまとめてメモしておくと便利です。
例えばいただきもののシュークリームを食べた場合、価格は0円、カロリーはサイズで適当に調整します。『いつも食べてるコンビニのよりちょっと小さいから10%少なくしておこう』というくらいアバウトで大丈夫。
こうして1週間、とにかく書きます。

1週間後、アイテムを追加します。それは【電卓】。
※表計算できるソフトやアプリを使った場合は不要です
まずは価格とカロリーの和をそれぞれ出し、一番下に書きます。おそらく想像していた以上に大きな数字になっていることでしょう。まさに『ちりも積もれば山となる』です。
更にそれぞれの数字を12倍にします。今まで通り暮らした場合、1年後どうなるかの目安です。
この時私は愕然としました。購入するお菓子は1個100円前後が多いのでそれほど出費していないつもりだったのに、トータルはウン万円。カロリーは6桁に達していたのです。
体脂肪を1kg減らすには7200kcal消費しなければならず、体重60kgの人がフルマラソンを1回完走して消費するカロリーは約2500kcalとのこと。『私はお菓子の為に何回フルマラソンを走らなければならないのか…』と暗澹たる気持ちになりました。
更に、食べたお菓子ごとに数をかぞえて12倍し、それを目の前に山積みした光景を想像しました。板チョコのタワーの横にシュークリームとエクレアの山脈にスナック菓子の平原(以下略)…あまりの量に絶句。胸やけしそうでした。

推測混じりの現実を直視して、私の食生活は変わりました。
今ではお菓子を食べるのは週に2日程度です。1年で体重は5キロ弱減、身長150センチ前半の小デブが標準になりました。
食べ過ぎ防止の為、手帳のマンスリーページに貼ったポストイットに食べたお菓子の名前と正の字を書いて種類と数を記録しています。棒グラフの如く正の字が伸びていくと食べ過ぎている自覚が湧き、自然に自制できます。

少しの手間で効果は絶大、【メモ書きダイエット】おすすめです。

今日もダイエットのための有酸素運動をしてきました。

有酸素運動とダイエット

こんにちは。
今日もダイエットのために、有酸素運動として、ランニングしてきました。
初めは辛いと思いましたが、何回か繰り返すと習慣になって、何も考えずにランニングのために外に出るようになってきました。
毎日走ると、足の負担が蓄積してしまうので、2~3日に1回くらいがおすすめです。
ダイエットするとなると、20分以上は走り続けなくてはいけないのです。
毎日は本当に辛いですよ。
ランニングは20分以上走ると、体に貯まっているエネルギーを消費してくれるので、ダイエットに効果があると言われていますよね。
ですが、ランニングは辛いので嫌いな人は多いと思います。
私もそうでした。
でも、ダイエット以外にも、ランニングをすると、血管の動きが良くなって、血管の病気の予防効果が期待できるみたいですよ。
食事制限や、筋肉トレーニングも平行してやるようにすれば、「理想的なボディーは手に入りますし、病気の予防になるぞ」と思って、私も日々励んでいます。
それに、ランニングは、昼にすると、夜眠りやすくなるみたいですし、良いこと尽くしです。
不眠症の改善のためにも、昼に走れる休日にやってみて欲しいですね。
最近まで、ランニング中に飽きてしまうことが悩みだったのですが、音楽を聴いたり、ラジオを聴いたりすると、楽しく走れます。
飽きると続かないので、悩んでいる人は多いと思います。
英語の教材を聞くのも効率的ですね。
また、走るときは、アスファルトのような固いところは膝にくるので、土の道がおすすめです。
意外に、何回も走るとダメージが溜まっているものなので気をつけてください。
それから、サポーターなどをつけると万全ですね。
ランニングウェアやシューズを身に着ける楽しみがあると、飽きずに続けられますよ。
週末に予定がなくなってしまったときは、ランニングするのが一番だと思います。
私も、1週間に1度は走っています。
また、引きこもっている人と、普段から運動する人では、汗の性質が違って、どろどろとさらさらな汗のような違いがあるようです。
どろどろだと、臭いもでるので、さらさらな汗を目指して運動の習慣をつけましょう。
男性も女性も、体臭が臭いと人気は出ないですからね。
やはり、人間は昔から狩りをしたり木の実を集めたり、体を使ってきた生き物ですので、運動すると良いということですね。
これからも、ランニングを楽しんでいきたいと思います。
是非、皆さんもこのブログを参考にして、楽しんでみてくださいね。

防風通聖散、3か月使ってみました!肝心のダイエット効果は!?

防風通聖散でダイエット!痩せる為の方法

痩せる漢方薬の代表格である、防風通聖散。
どこのドラッグストアでも大体売っていて、ダイエット用のサプリ何かと比べてもリーズナブルなお値段て購入できます。
コッコアポやナイシトールなどの有名どころのダイエット漢方も、防風通聖散が主体です。
医薬品なので、サプリとは違って、しっかりとした効果を期待できる商品、と、思って、飲み始めました。
それが3か月前のこと。

実は私はひざを悪くしてスポーツができなくなってから、滅茶苦茶太ってしまいました。
それまで、むしろスリムな部類に入る体系だったのに、あれよあれよという間に洋服が2サイズアップして、それでもおなかの肉がはみ出すほどになりました。
これはまずい、と、痩せることを決意しても、食事だけのダイエットって本当につらい。
無茶な食事制限をしてはリバウンドの繰り返して、心も体もボロボロでした。
だから、防風通聖散の花h氏を友人から聞いた時には、「これしかない」と、思ったのです。

三か月使ってみて、効果はそれなりに感じました。
結論から言うと、4キロ痩せました。
しかもうれしいことに、おなか周り中心に細くなって、失っていたウエストがよみがえりつつあります。
体脂肪も2%減です。

食事の内容などはそれなりに気をつけるようになったので、その影響はあるかもしれません。
でも、厳しい食事制限も運動もなしで4キロ減って、確かな効果があるって考えて良いんじゃないでしょうか。

飲み始めて感じた体の変化は、「暑い」ということでした。
そして汗をかきやすくなりました。
代謝が上がったんですね。
飲み始めた時期は、まだ暑い頃だったのですが、冬に入ると、冷え性の対策にもなるかもしれません。

それから、おなかのトラブルが減りました。
毎日快適です。
むしろ、たまに下してしまうくらいになりました。

もともと防風通聖散に効果がある人は、漢方でいう「実証」。
がっちり体系で赤ら顔、便秘がちなタイプです。
私の場合、完全ではありませんが、この特徴のいくつかに当てはまります。
だから、その面でも良かったのかもしれません。

ただ、困っていることもあります。
それは時々おなかがゆるくなりすぎること。
しかも前触れなしに、いきなりおなかが痛くなったりするんです。
特に外出先だと本当に困りますよね。
あと、学生さんなら授業中、社会人なら大事な会議とかクライエントとの打ち合わせ中とか。
抜けられない数十分って誰にでもありますから。

あと、これは漢方全般に言えることですが、食間薬って本当に飲みにくい。
しょっちゅう飲み忘れます。
1か月1瓶でなくなるはずが、40日くらい経っても残っていたりします。
これがまじめに飲み続けられれば、きっともっと効果が出ていたに違いありません。

午後6時までの食事ダイエットで痩せる事が可能になる!?

よく、芸能人がダイエットの為、午後6時以降何も食べないという事を実践していると聞きます。我が家は子供も主人も毎日家に帰ってくる時間がそれぞれ22時過ぎているため、それに合わせて私も夕ご飯を食べていました。でも、全員そろってご飯を食べられるわけではなく、いつも家族の誰かに合わせ一緒に食べるようにしていました。それを家族を待たずに午後6時までに夕食を食べるように変えました。いつもは、仕事から帰ると午後5時過ぎ頃になるので、その時間は洗濯物を片づけたり、夕ご飯の準備をしたりゆっくり家事をしていました。でも、ご飯を作りながらすぐに食べるという生活にしました。すると、ちょうど午後6時までに私の夕食は終了します。その後まったく何も食べないという事はいまだ出来ませんが、寝る直前の午後11時頃食べていたことを思うと、健康的にも良いように思います。
 夕食を遅い時間食べている頃は、結局午後10時や11時まで何も食べないで我慢することが出来ず、何かしらつまんでいました。それは、おまんじゅうやパンであったり、夕方に作ったおかずであったり、その量は軽く一食分あったように思います。仕事後スーパーに買い物に行っても、みんなとの夕食の前に食べる物を必ず何か購入していました。その後、普通に何事もなかったかのように家族と共に夕食で、夕方から夜にかけての総摂取カロリーは相当多かったと思います。
 夜遅い食事という事で、血糖値が高いままで脂肪になりやすい時間にそのまま就寝をしていました。ダイエットには大敵の生活だったように思います。また夜遅く食べることにより、朝ごはんまでにお腹が減りません。お昼ご飯近くに会社でお腹が鳴るのが嫌で無理やり食べる作業をしているという感じで、今までは朝ごはん自体楽しい物ではありませんでした。でも、午後6時までに夕ご飯を済ますようになってから、朝起きた時、お腹が空いていると感じます。その為、朝ごはんが待ち遠しく、同じものを食べていますが、今までよりも美味しく感じます。
 現在10日間ぐらい続けていますが、スーパーで夕食前の軽い食べ物を購入することも無くなりました。体重も1.8kg減少しています。特に、お腹のブヨブヨ感が無くなりスカートやパンツのウエスト部分が楽になり余裕が出てきています。このまま続ければ夢の40kg台も達成できそうです。食べることが何より大好きな私にとって食事制限しなくても良いという事が楽で良いです。40kg台目指し頑張って続けようと思います。